会社情報:
会社名:

株式会社ケー・エー・ジェー
設立:

1992年6月29日(平成4年)
所在地:

〒141-0022 東京都品川区東五反田5-27-7 扇寿ビル 6階 (株式会社スプリューム内)
ご連絡先:

info@splume.co.jp
代表取締役:

梶 塚 千 春
業務内容:

デジタル・コンテンツの企画/開発/制作/販売
CGI(コンピュータグラフィックス)
ウェブ3D
ゲーム
VRシステム
主な作品: - NHKスペシャル「驚異の小宇宙 人体III」
- ケー・エー・ジェー「GERMS(ジャーム)狙われた街」
(プレイステーション対応アドベンチャーゲーム)


最新情報:
2005年10月5日付けにて、
株式会社スプリューム(splume Corporation.)を設立いたしました。


株式会社スプリューム ホームページ


作品プロフィール01:
NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体III 遺伝子DNA」第1集〜第6集
1999年5月〜8月放映
NHKより放映されているCGを多用した大型番組シリーズ「人体」の第三弾。 当社では、「人体CG制作ルーム」を設置し、タンパク質や遺伝子の働きを中世風の機械仕掛けで説明するすべてのカットを担当した。 機械は、番組のメインイメージキャタクターであるレオナルド・ダヴィンチの発明品をイメージしながらデザインした。 プロデューサの林氏の「美しく、かつ科学的に正確に」というモットーを踏まえて、最新の遺伝子研究の成果を盛り込みながら、新しいイメージの創出を心掛けた。 また、柳田和宏氏制作の 遺伝子が記載された書物「遺伝子の書」カットをサポートした。

↓画像をクリックすると、高精細画像が表示されます
クライアント: NHKエンタープライズ21
制作統括: 林勝彦、高尾正克、岡田円治(NHK/NHKエンタープライズ21)
構成: 菊江賢治、松本康男、阿部真人(NHK)
デザイナー: 梶塚千春、熊切寛、原政人、柳田和宏
使用ソフトウエア:

アビッド社 SOFTIMAGE 3D(ソフトイマージュ3D)
アドビ社AFTER EFFECTS(アフターエフェクツ)
関連事項:

NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体III 遺伝子DNA」 第1集〜第6集
NHK出版(日本放送出版協会)より好評発売中


作品プロフィール02:
公益財団法人日本科学協会「Cubic Earth もしも地球が立方体だったら」前編、後編
前編2013年、後編2015年制作
子供達のための科学教育プロジェクトの一環として制作された映像作品。もしも地球が「1辺10,000kmの立方体」の巨大な立方体だったらどのような世界になっていたのかを、気象現象を軸に架空の世界のSF(スペキュレーティブ・フィクション)として描いたもの。気象学の木村龍治先生(東京大学名誉教授)を中心に、本プロジェクトが遺作のようにもなった海洋学の宮田元靖先生ら、専門家たちの数年間にわたる緻密な思考実験に基づいて映像化。この映像を通して子供たちに気象への興味を持ってもらい、子供達に気象の基本的な概念を伝えて、さらに深い科学教育への誘導を図るもの。映像だけでなく弊社代表の梶塚が映像監督の鵜飼成巳と共同脚本を執筆、後編ではプロデュースも弊社が担当した。

『Cubic Earth 〜もしも地球が立方体だったら〜』前篇 https://youtu.be/MJKKxG8j5zE
『Cubic Earth 〜もしも地球が立方体だったら〜』後篇 https://youtu.be/kTEPCnPFANQ
日本科学協会『Cubic Earth 〜もしも地球が立方体だったら〜』解説サイト http://www.jss.or.jp/fukyu/cubicearth/
月面のような荒涼とした立方体地球の辺縁
クライアント: 公益財団法人日本科学協会
プロデューサー: 【前編】林勝彦、村田豊彦
【後編】林勝彦、梶塚千春
ディレクター: 【前編】鵜飼成巳
【後編】鵜飼成巳、梶塚千春
CG: 【前編】梶塚千春
【後編】梶塚千春、柳田和宏、成田顕
使用ソフトウエア:

Newtec社 Lightwave(ライトウェーブ)
Autodesk社Maya(マヤ)


アクセスマップ
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-27-7 扇寿ビル 6階 (株式会社スプリューム内)

■JR山手線 「五反田」駅 東口 徒歩約1分
■都営浅草線「五反田」駅 A4出口 徒歩約1分



copyright © 2009-2016 KAJ Corporation